安全な暖房器具を使うメリットとは何か

暖房器具

寒い冬の季節が到来すれば、各家庭でも、またオフィスでも暖房器具を用意することになります。こうした暖房器具にはエアコンを始め、電気ヒーター、石油ストーブなどがありますが、特にオフィスなどではエアコンを使う場合も多いでしょう。昔は家庭でもオフィスでも、また学校でも石油ストーブを使っていたところが多かったですが、今は大概エアコンが主流となっています。エアコンは確かに便利で使いやすいというメリットがありますが、電気ヒーターを採用するオフィスも決して少なくはありません。電気ヒーターはその名の通り電気を使っていますから、燃料を燃やさないという利点があります。燃料を燃やさなければ室内の空気が汚れることがありません。また、火が出ないので火事などの心配もないのが特徴です。

3種類の暖房器具の特徴は何か

暖房器具

この電気ヒーターにはハロゲン、カーボン、シーズの3種類があります。それぞれ特徴がありますので、用途に応じて選ぶことが必要です。ハロゲンのメリットは空間を暖めるまで時間がかからないところにあります。カーボンも比較的に早く暖めることが可能です。また、赤外線の放射効率が良い点も挙げられるでしょう。そして、シーズはさらに遠赤外線放射量が高く、さらに他のヒーターよりも発熱体が破損しにくいという特徴があります。長く使うこともできるので人気です。

3種類の暖房器具の仕組みとは

暖房器具

3種類の電気ヒーターの仕組みを見ていくと、まずハロゲンヒーターは本体に付けられたランプから発生する放射熱を有効に使って空間を暖める仕組みになります。ハロゲンには様々なタイプが出ていて、多く見られるのが扇風機のような形をした物でしょう。カーボンヒーターは赤外線の放射効率が良く赤外線も多いため、より早く空間を温めることができます。シーズの仕組みは絶縁体でニクロム線を包み、それを金属管で覆っています。これが破損をしにくくしているのです。

オフィス環境に合った暖房器具を選ぶこと

暖房器具

電気ヒーターは前述したように大きく分ければ3種類になり、特徴もメリットも異なる点があります。オフィスなどで電気ヒーターを上手く使うためには、やはり環境や用途に合わせて選ぶ必要があるでしょう。たとえば、ハロゲンヒーターは燃料を燃やさないから空気の入れ替えもあまり必要でなくなります。このことから換気のできないような空間には最適です。カーボンヒーターは比較的に電気代を安くできるというメリットがあります。経費削減には最適だと言えるでしょう。シーズヒーターは大量の遠赤外線と優れた熱伝導効果が大きな特徴であることから、オフィス内にいるスタッフの身体を芯から温めてくれます。しっかりとした暖房効果を望むならおすすめです。